甲府国際カントリークラブは山梨県内で3番目に作られたゴルフ場

甲府国際カントリークラブは、山梨県笛吹市で1965年より営業を行っているゴルフ場です。
山梨県内で3番目に作られており、長い歴史を持っているゴルフ場ですが、利用料金は抑えられており訪れやすいのが特徴となっています。
敷地内には木々、花が多く残されており、場所によっては甲府盆地を見下ろすことが可能な見所の多いコースです。

甲府国際カントリークラブの18ホールは浅見緑蔵氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6565ヤードと平均的な数字となっています。

丘陵地帯に展開されており、高低差が残っているので距離感が狂いやすく、飛ばし過ぎ、距離が足りないという事態に陥ることも珍しくありません。

フェアウェイは広く、概ね真っ直ぐレイアウトされており、途中で角度が変わるホールは少なめです。

見通しも良いので、ゴール地点であるグリーンの位置を確認してから打ち出すことが可能ですが、最終18番ミドルホールは大きく右に曲がっていくので注意する必要があります。

障害物の数はさほど多くはなく、バンカーは密集していないので、砂に捕まって大きくスコアを崩すことはあまりありません。
池も少なく、プレーに絡んでくるのは7番ミドルのフェアウェイ近くの池と13番ショートホールのティーグラウンド前の池のみです。

グリーンはフェアウェイや花道より高い位置にある砲台グリーンを採用しているので、アプローチショットは打ち上げの形が多く、躓きやすいポイントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ