高根カントリー倶楽部は長い歴史を持ち、27ホールを所有している

埼玉県比企郡滑川町で1962年より営業を行っているゴルフ場が高根カントリー倶楽部です。
長い歴史と伝統を持っているゴルフ場ですが、ビジターの方でも問題なく利用することができます。
9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴であり、富澤誠造氏、富澤廣親氏が設計を担当しました。

最も距離が長いのが西コースであり、全体的に真っ直ぐ作られているので気持ち良くティーショットを打つことが可能です。
しかしフェアウェイは丘陵地帯の傾斜を始めとして変化がつけられており、二打目以降に狙い通りのところに飛ばすのは難しくなっています。

フェアウェイからバンカーに打ち込む可能性がある4番ミドル、池越えスタートの6番ショート、真っ直ぐ作られているものの最も距離が長い9番ロングホールは打数がかさむことも珍しくありません。

距離の面で中間なのが南コースであり、丘陵地帯にありながらも高低差が少なく、距離感が狂うことは少なめです。

池越えスタートの3番ショート、5番ミドル、グリーン手前から右に曲がっていく8番ミドル、9番ミドルホールは難所となっています。

距離が最も短いのが東コースであり、障害物が多く、大きく角度が変わることもある変化に富んだ構成が特徴です。

池越えスタートの4番ショート、距離が最も長く途中から右に向かって曲がっていく5番ロング、ティーショットが川越えの7番ショート、グリーン手前で大きく右に曲がる9番ミドルホールはつまずきやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ