埼玉県内で4番目に作られており、36ホールを持つ高坂カントリークラブ

1958年、埼玉県東松山市に開場したゴルフ場が高坂カントリークラブです。
埼玉県内では4番目に作られている名門ゴルフ場であり、広大な土地に18ホールを二つ所有しています。
米山コースは富澤誠造氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6773ヤードと長く、1970年代にはフジサンケイクラシックが開催されていました。

ほとんどのホールが真っ直ぐ作られており、途中で角度を変えるドッグレッグは少数なので、ゴール地点であるグリーンを確認して打ち出すことができます。

フェアウェイの幅も十分であり、ティーショットから積極的に攻めていくことが可能ですが、17番ロングホールは馬の背と呼ばれているフェアウェイの中央がせり上がった作りなのでボールが曲がりやすく難度が高めです。

バンカーはグリーンの周囲には的確に配置されているもののフェアウェイではあまり見られません。

池は個数が多いわけではありませんがティーグラウンドの近くに配置されており、4番ショート、6番ショート、15番ミドルホールは池越えスタートです。

岩殿コースはバックティーからの距離が6536ヤードとやや短いもののフェアウェイは広く作られています。
ドッグレッグの割合がやや多く、バンカーも多めに配置されている変化に富んだ構成が特徴です。

緩やかに右に曲っている7番ミドル、距離が長く途中から左に曲がっていく8番ロング、グリーンに近づくにつれフェアウェイが狭くなる18番ミドルホールは打数がかさむことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ