高富ゴルフ倶楽部は2014年の5月より営業を休止している

1997年、岐阜県山県市に開場したゴルフ場が高富ゴルフ倶楽部です。
2003年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、スポンサー候補が撤退したことから2004年に自主再建を目指す案が可決されています。
その後は株式会社P・T・C、株式会社タカトミトラストといった会社が経営に関わっていたようですが、詳細は不明です。

高富ゴルフ倶楽部の18ホールは新井剛氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6180ヤードと短めの数字となっています。
丘陵地帯に展開されており、自然を活かした構成なので傾斜が色濃く残っており、打ちやすいコースではありません。

一般的なゴルフ場のアウトコースに当たるWESTコースと、インコースに当たるEASTコースで構成されており、フェアウェイは全体的に広く作られています。

しかし、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、全体の距離が短いこともあり、コントロールと正確性が重要です。

谷越えスタートの後で右に曲がっていくWESTコース9番ロング、最も距離が長く右に向かって曲がるEASTコース3番ロングホールは打数がかさむことも珍しくありません。

高富ゴルフ倶楽部は2014年の5月に突如営業を休止しており、公式ホームページ自体は残っているものの、営業休止のお知らせが載っているトップページ以外にアクセスすることはできません。

今後営業が再開されるのか、閉鎖に向かうのかは流動的と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ