高梨子倶楽部は上毛三山を全て望むことができる

群馬県安中市で1997年より営業を行っているゴルフ場が高梨子倶楽部です。
上毛三山の括りにある妙義山、榛名山、赤城山を望むことが可能であり、雄大な山々を望める景観の良さが売りとなっています。
グリーンを防寒シートで保護しているので、コースのコンディションが抜群に良いのも利点です。

高梨子倶楽部の18ホールは加藤家光氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブラックティーからの距離は6755ヤードと距離も十分にあります。

丘陵地帯に展開されていますが、高低差は最大で30メートル程度とフラットに近く、距離感が狂うような打ち下ろし、打ち上げはありません。
フェアウェイは広い箇所もありますが、全体的には狭く、ラフの範囲が多いので常に高いコントロール技術が求められます。

ホールの途中で角度が変わるドッグレッグも多く、ボールの落とし所が難しいので、安定した状態から打つことができるティーショットで狙い通りの箇所に落とせるかがスコアメイクの上で重要です。

距離が長くやや右に曲がる5番ロング、右に大きく曲がる16番ロングホールは打数がかさむことも珍しくありません。
バンカーの数は少ないものの、ティーショットからバンカーに打ち込む可能性があるので注意する必要があります。

池はインコースで多く見られ、ティーグラウンドの前に池が配置されている13番ミドル、ティーグラウンドの左手に池が配置されている15番ミドルホールはミスショットができない作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ