合歓の郷ホテル&リゾートの施設の一つである合歓の郷ゴルフクラブ

三重県志摩市で1989年より営業を行っているゴルフ場が合歓の郷ゴルフクラブです。
総合リゾート施設、合歓の郷ホテル&リゾートの施設の一つであり、伊勢志摩国立公園内に位置しています。
合歓の郷ゴルフクラブの18ホールは伊藤光雄氏、H・サットン氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7001ヤードと長距離コースです。

海に面しているシーサイドコースであり、風が強く吹くこともあるので、ボールに回転を多くかけるプレーヤーの方は風向きにも注意する必要があります。

途中で角度を変えるドッグレッグはありますが、ティーグラウンドからグリーンを確認できない程に曲がることはなく、フェアウェイも広めです。

ゴール地点がはっきりしているので、どのようなルートでボールをグリーンに運ぶか考えてプレーすることが可能であり、ティーショットで思い切って攻めていくこともできます。

ドッグレッグであり右に曲がっていく5番ミドル、7番ミドルホールは難度が高く、打数がかさむことも珍しくありません。
バンカーはフェアウェイから多く登場し、1番ミドル、11番ミドル、13番ミドルホールは砂に打ち込みやすく、躓きやすいポイントとなっています。

池は非常に大きく、ティーグラウンドからフェアウェイの右手に池がある6番ミドル、グリーンが池に取り囲まれている15番ショート、ティーグラウンド前に池がある17番ロング、ドッグレッグであり角度が変わる地点に池がある18番ミドルホールは難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ