和歌山オープンゴルフトーナメントが開催されていた国木原ゴルフ倶楽部

国木原ゴルフ倶楽部は和歌山県海草郡紀美野町で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
プロとアマチュアが腕を競った和歌山オープンゴルフトーナメントが1978年から1990年にかけて開催されています。
自然公園に囲まれているので木々を始めとした自然が多く残っており、名物と言える存在です。

国木原ゴルフ倶楽部の18ホールは関口勇氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6465ヤードと長くはありません。
丘陵地帯に展開されていますが、フラットに仕上がっており距離感で苦しむことは少なめとなっています。

フェアウェイはやや狭めであり、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多いテクニカルな構成です。

緩やかに左に曲がっていく1番ミドル、大きく右に曲がる5番ミドル、中間地点から左に大きく曲がっていく9番ロングホールはティーグラウンドからグリーンを確認することが困難であり、打ち出しの方向で困ることも珍しくありません。

丘陵コースの定番である谷越えでスタートすることが多く、ティーショットでプレッシャーがかかりやすくなっています。

バンカーはグリーンの周囲以外にはあまり配置されておらず、砂に捕まって大きくスコアを崩すことはあまりありません。

池は数こそ少ないものの大きく、池越えでスタートし右に曲がる6番ミドル、グリーンの手前に巨大な池が配置されている7番ショート、ティーグラウンドの左側に巨大な池がある18番ミドルホールは特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ