山岳地帯の地形を活かしている今治カントリー倶楽部

1972年、愛媛県今治市に開場したゴルフ場が今治カントリー倶楽部です。
松山空港からタクシーを使って移動することもできるので、県外からのアクセスも容易となっています。
今治市内や来島大橋、そして瀬戸内海を望むことが可能であり、眺望の面でも優れているゴルフ場です。

今治カントリー倶楽部の18ホールは三好徳行氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6443ヤードと距離はやや短めとなっています。

山岳地帯に展開されており、元の土地にあった高低差を活かして作られているので、打ち上げや打ち下ろしが多く変化に富んだ構成です。
フェアウェイはさほど広くはないので、ボールを曲げるとラフに飛んで行きやすく、終始高いコントロール技術が求められます。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも豊富であり、グリーンの位置が分からないことも珍しくないので、ティーショットでどこにボールを落とすか、その戦略が重要です。

距離が長くフェアウェイが途中で途切れている6番ロング、中間地点から右に大きく曲がる13番ミドルホールは難所となっています。

バンカーはティーショットが落ちそうな地点から登場することは稀ですが、グリーンの近くには多く配置されており、アプローチショットの難度は高めです。

池は大きい物が複数配置されており、グリーン手前に池がある2番ミドル、グリーンの左手に池がある14番ミドル、左にボールが曲がると池に打ち込みやすい15番ショートホールは注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ