9ホール体制で営業を行っており、回り放題のプランもある根来ゴルフクラブ

和歌山県岩出市で1969年より営業を行っているゴルフ場が根来ゴルフクラブです。
9ホール体制で営業を行っており、18ホールのプレーを楽しみたい場合は二度回る必要がありますが、その分値段は抑えられています。
回り放題のプランも用意されており、コストパフォーマンスの面で優れているゴルフ場です。

公式ホームページを持っていないのでドレスコード等は不明ですが、ゴルフ場予約サイトを通せばインターネットから予約することもできます。

根来ゴルフクラブの9ホールは三栖昇氏が設計を担当しており、レギュラーティーからの1545ヤードと距離は非常に短めです。
丘陵地帯に展開されていますがフラットに仕上がっており、木々により各ホールは仕切られているのでOBを記録することはあまりありません。

ロングホールは一つもなく、5番ミドルホールの270ヤードが最長となっているので、ボールを遠くに飛ばす意味はあまりありません。

全体的に短いものの、ショートゲームの練習、アプローチショットの練習に向いており、コースデビューしていない方の実践経験の場としても役立ちます。

フェアウェイは広く、大きく角度を変えることもないオーソドックスなレイアウトですが、グリーンへのアプローチショットが池越えとなる5番ミドル、グリーン周りにバンカーが多く配置されている8番ミドルホールは注意が必要です。

グリーンは大きく作られているので、ボールを乗せるだけならさほど難しくはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ