さいたまゴルフクラブと名前を変えている埼玉ゴルフクラブ

埼玉県入間郡毛呂山町で1980年より営業を行っているゴルフ場が埼玉ゴルフクラブです。
2011年に株式会社アコーディア・ゴルフの子会社に譲渡されており、2012年にはさいたまゴルフクラブと名前を変えました。
この時にアウトコースとインコースの組み替えを行っている他に、乗用カートも全て新しくしており、事実上リニューアルしています。

さいたまゴルフクラブの18ホールは浅見緑蔵氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠い、ブラックティーからの距離は6806ヤードと長めです。

なだらかな丘陵地帯に展開されているので高低差は少ないものの、真っ直ぐレイアウトされているホールの方が少なく、途中で角度を変えるドッグレッグが頻出します。

隣り合うホールの方に打ってしまった場合は、打ち上げの形になることもあり、フェアウェイをキープ出来るかがスコアメイクの上で重要です。

ドッグレッグを採用しており大きく曲がる5番ミドル、7番ロング、9番ミドルホールは難所となっています。
バンカーの数はやや少なく、ティーショットが落ちそうな位置からバンカーが登場することは稀です。

池は大きめのものが豊富に配置されていますが、プレーに絡んでくるものは少なく、池越えの形はほとんどありません。

ティーグラウンドの近くに池が配置されている1番ミドル、10番ロング、17番ミドル、フェアウェイの左手に池が配置されている11番ミドルホールはボールを曲げてしまった場合に池に落ちる可能性が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ