笹神五頭ゴルフ倶楽部は27ホールを持ち、景観面で優れている

新潟県阿賀野市で1973年より営業を行っているゴルフ場が笹神五頭ゴルフ倶楽部です。
標高100メートル付近に位置しており、北と西には日本海が見られ、東と南には山々が広がっています。
眺望の面で優れている笹神五頭ゴルフ倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、全て浅見緑蔵氏が設計を担当しました。

五頭コースと呼ばれている9ホールは途中で角度を変えるドッグレッグが多く、フェアウェイも狭いのでボールを曲げてしまうとラフに入ることも珍しくありません。

ティーグラウンドからフェアウェイの始まりまで距離がある6番ミドル、全体的には真っ直ぐ作られているもののフェアウェイの角度が大きく変わる8番ロング、フェアウェイが右に90度近く曲がる9番ロングホールは難所です。

白鳥コースと呼ばれている9ホールは最も長く、概ね真っ直ぐ作られていますが、障害物が多く変化に富んでいるのでコントロール技術も求められます。

フェアウェイが途中で途切れておりグリーンまで距離がある5番ミドル、緩やかに右に曲がり道中には池が多い6番ミドルホールはスコアを崩しやすいポイントです。

阿賀コースと呼ばれている9ホールは最も短いものの後半にドッグレッグが多く、プレーヤーのルート選択とボールの落とし所が重要となっています。

左に緩やかに曲がりフェアウェイが細い1番ミドル、右に大きく曲がっていく7番ロングホールは注意が必要です。
池越えスタートが二回あり、バンカーの数も多く障害物に打ち込みやすい構成となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ