丘陵地帯に位置しているもののフラットに仕上がっている笹平カントリー倶楽部

1991年、岐阜県恵那市に開場したゴルフ場が笹平カントリー倶楽部です。
2008年に経営会社が民事再生法の適用を申請していますが、ゲイン・キャピタル株式会社をスポンサーとして再建を目指す案がまとめられています。
2014年にはPGMグループが取得し傘下に収めていますが、ゴルフ場の名称は変更されていません。

笹平カントリー倶楽部の18ホールはグリーンから最も遠い、フルバックティーからの距離は6805ヤードと距離も十分にあります。
丘陵地帯に展開されていますが、高低差はインターバル等に上手く隠されており、各ホールはフラットな仕上がりです。

見通しが良く、ティーグラウンドからグリーンを確認することが出来ないブラインドホールはほとんどありません。
しかし、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは多く、フェアウェイもさほど広くはないので打ち出しの方向、ショットの正確性が重要です。

ドッグレッグであり右に曲がる3番ロング、谷越えスタートの4番ミドルホールは自然の障害を上手く使っており難度も高めとなっています。

人工的な障害物である池とバンカーを多く配置しているのも特徴であり、グリーン周りのガードバンカー、フェアウェイに配置されているサイドバンカー共に多めです。

ドッグレッグを採用している13番ミドル、グリーンの右手にバンカーが多い18番ショートホールは砂に捕まることも珍しくありません。

池も大きめのものを大胆に配置しており、グリーンが池に囲まれている15番ショート、池越えスタートの16番ミドルホールは注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ