36ホールを持ち、プロトーナメントが多数開催されている三好カントリー倶楽部

三好カントリー倶楽部は愛知県みよし市で1961年より営業を行っているゴルフ場です。
愛知県内で6番目に作られており、東海クラシックを始めとした数多くのプロトーナメントの舞台として使われている名門ゴルフ場となっています。
広大な土地に18ホールを二つ所有しているのが特徴であり、共にJ・E・クレイン氏が設計を担当しました。

西コースと呼ばれている18ホールはバックティーからの距離が7315ヤードと国内でも屈指の長さを誇っており、コースレートは75.2に設定されています。

林間地帯に展開されているので、高低差はほとんどないものの、フェアウェイがあまり広くはないので飛距離に加えて、ボールを大きく曲げないコントロール技術も求められる作りです。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多く、木々によりグリーンが見えないことも珍しくありません。
その為、ティーショットの打ち出しの方向や、ルート選択を始めとした戦略性も重要となっています。

16番ショートホールは魔の16番と呼ばれており、プロトーナメントで幾度も波乱を起こした名物ホールです。

東コースと呼ばれている18ホールはバックティーからの距離が6602ヤードと平均的ですが、ドッグレッグの数は少なく全体的に真っ直ぐ作られています。

フェアウェイは狭めであり、曲がりくねったレイアウトが多いものの、プレッシャーはあまりかかりません。
グリーン回りにガードバンカーが多く配置されているものの、池が見られるのは4番ショートホールだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ