PENNA-1を使用しておりグリーンが高速である三島ゴルフ倶楽部

三島ゴルフ倶楽部は、静岡県駿東郡長泉町で1978年より営業を行っているゴルフ場です。
愛鷹山の標高300メートルから500メートル付近に位置しており、南には駿河湾を望むことが出来ます。
三島ゴルフ倶楽部の18ホールは中江康晴氏、小佐野栄氏、青木功氏が設計に携わっており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6613ヤードです。

丘陵地帯に展開されているもののフラットに仕上がっており、高低差に悩まされることはあまりありません。
途中で角度を変えるホールはありますが少数であり、ほとんどは真っ直ぐ作られているので見通しは良好となっています。

ティーグラウンドからゴール地点であるグリーンを確認することが出来るので、プレーヤーは戦略やルートを頭に思い描いた上で打ち出すことが可能です。

フェアウェイは広めに設定されており、遠くに飛ばしたいというプレーヤーにも打ってつけとなっています。

やや左に曲がる4番ミドル、フェアウェイが途切れている6番ミドル、右に曲がっていきグリーンの位置を確認しにくい18番ロングホールがスコアを崩しやすいポイントです。

障害物はあまり配置されておらず、池は3番ショートホールのグリーン手前の一個だけ、バンカーも平均以下となっています。

グリーンは大きく作られているので、乗せる際のアプローチショットの難度はさほど高くありませんが、PENNA-1と呼ばれている芝を使っているグリーンは高速であり、パッティングの難度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ