三日月カントリークラブはアメリカンスタイルを採用しており、池が多い

兵庫県佐用郡佐用町で1992年より営業を行っているゴルフ場が、三日月カントリークラブです。
大洋緑化株式会社が所有していたゴルフ場ですが、大洋緑化株式会社は2004年に会社更生法の適用を申請しています。
同年にローンスターグループをスポンサーとして再建されることが決定しましたが、ゴルフ場の名前は変更されていません。

三日月カントリークラブの18ホールは斉藤正次氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は6942ヤードと長距離コースです。

フェアウェイはさほど広くはなく、途中で角度を変えることが多いので、飛距離だけでは好スコアは期待出来ません。

ティーグラウンドからグリーンの位置が確認出来ない程に曲がるホールは少数であり、見通しは良いので打ち出しの方向に迷うことは少なめとなっています。

インコースは特にフェアウェイの形が複雑であり、グリーンの手前から右に曲がっていく15番ミドル、折り返し地点とグリーン手前で角度を変える18番ロングホールは難所です。

大きな池を配置するアメリカンスタイルを踏襲しているゴルフ場であり、アウトコースで多く見られる池を避けることがスコアメイクの上で重要となっています。

途中から右に曲がっていき池も配置されている5番ミドル、フェアウェイの両脇に池が配置されている8番ミドルホールは、水にボールを落とすことも珍しくありません。

インコースでは池は全く見られず、複雑なレイアウトとバンカーが立ちはだかります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ