名門ゴルフ場として運営を行っている三木ゴルフ倶楽部

1971年、兵庫県三木市に開場したゴルフ場が、三木ゴルフ倶楽部です。
名門ゴルフ場として運営されており、基本的にメンバーを通さないと利用は出来ませんが、枠が空いている場合に限りカード会社のエントリーデスク経由でエントリーすることが出来ます。
過去にはプロトーナメントも開催された三木ゴルフ倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、南コースと東コースは町田義雄氏が設計を担当しました。

南コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短く、ややフェアウェイが狭いので、飛距離に加えてコントロール技術が求められます。

ティーグラウンドからフェアウェイまでに距離がある、障害物が配置されていることが多くティーショットでプレッシャーがかかりやすい構成です。
谷越えスタートの6番ショート、池越えスタートであり距離も長い9番ロングホールは特に注意する必要があります。

東コースと呼ばれている9ホールは最も長く、真っ直ぐ作られているので豪快なスイングを持ち味としている方向けです。

フェアウェイの始まりまで距離があり、曲がりくねったレイアウトの7番ロングホールは打数がかさみやすくなっています。

西コースと呼ばれている9ホールは阿部恒雄氏が設計を担当しており、途中で角度を変えることが多いのでどの方向にボールを打つか、判断力も必要です。

谷越えの後で左に曲がっていく4番ロング、グリーンに近づくにつれフェアウェイが狭くなる7番ミドルホールは難所となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ