三木セブンハンドレッド倶楽部はオリックスが所有しているゴルフ場

三木セブンハンドレッド倶楽部は兵庫県三木市で1979年より営業を行っているゴルフ場です。
ゴルフ場の経営を多く手がけていた株式会社シンコーが作ったゴルフ場ですが、2005年に株式会社シンコーは民事再生法の適用を申請しました。
同年にはオリックスをスポンサーとする再建案が、まとめられ、以降はオリックス・ゴルフ・マネジメントが経営を行っています。

三木セブンハンドレッド倶楽部の18ホールは淵上忠芳氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6637ヤードと平均的な数字です。

丘陵地帯に展開されており、高低差が残っているので打ち上げと打ち下ろしの形が多く、飛距離が足りない、ボールが飛び過ぎるということが良く起こります。

フェアウェイは広く作られているものの、途中で角度を変えるドッグレッグが多いので、ティーショットでどこに落とすかが重要です。

ドッグレッグを採用しておりフェアウェイがあまり広くない6番ミドル、ティーグラウンドからグリーンを確認するのが難しい9番ミドル、フェアウェイの角度が頻繁に変わる18番ミドルホールは難所となっています。

フェアウェイに配置するサイドバンカーの数は少なめですが、グリーン周りには多くのガードバンカーがあり、アプローチショットの難度は高めです。

グリーン自体は大きいものの、丘陵地帯からの複雑な流れがグリーン上にあるのでボールの軌道を予測するのは非常に難しく、パッティングで打数が増えることも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ