ヨーロッパの風景を意識して作られている士別同友会カントリークラブ

1972年、北海道士別市に開場したゴルフ場が士別同友会カントリークラブです。
ヨーロッパの田園風景を意識した作りが特徴であり、北海道ならではの景観を最大限に活かしています。
JR士別駅、道央自動車道のインターチェンジから近く、自動車の有無に関わらず交通の便は良好です。

士別同友会カントリークラブの18ホールはグリーンから最も遠い、チャンピオンティーからの距離は6700ヤードと距離も十分にあります。
丘陵地帯に展開されており、高低差と傾斜を色濃く残しているので、打ち上げ、打ち下ろしの形が多めです。

フェアウェイはさほど広くなく、ラフの範囲も多めですが、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグはあまりありません。
フェアウェイも概ね真っ直ぐ作られているので、フェアウェイをキープすることが出来れば好スコアも狙えます。

ティーショットが打ち上げの形になっている9番ミドル、ドッグレッグであり右に曲がっていく16番ミドルホールは自然を活かしており難度も高めです。

バンカーの数は少なく、グリーン周りを除けばバンカーはあまり配置されていないので、砂に捕まる可能性は少なめとなっています。

池は面積こそ小さめですが多く配置されており、フェアウェイの近くに池がある1番ミドル、10番ロング、11番ミドル、池越えスタートの3番ロング、12番ミドルは注意が必要です。

グリーンへ乗せること自体はさほど難しくはありませんが、パッティングの難度は高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ