香川県内で2番目に作られた志度カントリークラブ

1964年、香川県さぬき市に開場したゴルフ場が、志度カントリークラブです。
香川県内で2番目に作られた歴史の長いゴルフ場であり、過去にはプロトーナメントも開催されました。
香川県北東にある大串半島に位置しており、北に小豆島、東には淡路島を望むことが可能と景観面でも優れています。

志度カントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、佐藤儀一氏が設計を担当しました。

東コースと呼ばれている9ホールは最も短いものの、高低差が残っており、フェアウェイの角度が変わることの多いテクニカルな構成です。

バンカーの数が多い1番ショート、5番ショート、フェアウェイが途切れておりグリーン手前には池もある7番ロングホールは打数がかさむことも珍しくありません。

中コースと呼ばれている9ホールは瀬戸内海の景観を最も楽しむことが可能であり、高低差は少なめとなっています。
全体的に傾斜が残っており、フェアウェイからのショットでもボールが曲がりやすいので、コントロールに注意が必要です。

池はほとんど配置されていませんが、バンカーはグリーン周りに多く配置されており、アプローチショットの難度は高めとなっています。

西コースと呼ばれている9ホールは最も長く高低差、傾斜は少ないものの、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、ティーショットをどこに落とすかが重要です。

緩やかに左に曲がっていく2番ロング、5番ミドル、大きく左に曲がっていく8番ミドルホールはスコアを崩しやすいポイントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ