紫雲ゴルフ倶楽部は2コース、計36ホール体制で営業を行っている

新潟県新発田市で1965年より営業を行っているゴルフ場が、紫雲ゴルフ倶楽部です。
新潟県内で6番目に作られた歴史と伝統のあるゴルフ場であり、プロトーナメント開催実績もあります。
日本海の近くに広大な土地と2コース、計36ホールを持っており、ビジターのみで利用する場合は会員の紹介が必要です。

加治川コースと呼ばれている18ホールは藤田欽哉氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6621ヤードと平均的な数字となっています。
フェアウェイがあまり広く作られておらず、ボールが曲がると木々に打ち込みやすいので、好スコアを狙う場合は高いコントロール技術が必要です。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多く、豊富に植えられている木々によりグリーンの位置を確認しにくくなっており、二度角度が変わる4番ロング、グリーン手前で大きく右に曲がる18番ロングは難所となっています。

飯豊コースと呼ばれている18ホールはデニス・グリフィス氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6847ヤードと長めです。

大きな池を配置するアメリカンスタイルを踏襲しており、比較的真っ直ぐ作られているものの、池とバンカーが多く障害物に打ち込んで打数がかさむことも珍しくありません。

ティーグラウンドとフェアウェイの間に巨大なバンカーのある3番ミドル、グリーン左手に池がある5番ロング、池のせいでフェアウェイがほぼ分断されている11番ミドルホールはつまずきやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ