パブリック制を採用しており、自然が多い紫香楽国際カントリークラブ

1974年、滋賀県甲賀市に開場したゴルフ場が紫香楽国際カントリークラブです。
野鳥を多く見かけることが可能であり、日本野鳥類保護連盟が選んだ愛鳥ゴルフコース100選に入っています。
紫香楽国際カントリークラブは会員権を持ったメンバーのいないパブリック制を採用しており、富澤誠造氏が設計を担当しました。

バックティーからの距離は6827ヤードと長く、多く残った木々により各ホールは仕切られているのでOBを記録することはあまりありません。

丘陵地帯に展開されており、高低差は少ないものの、傾斜はアウトコースで特に色濃く残っているので、フェアウェイからのショットでもボールが曲がりやすくなっています。

アウトコースはフェアウェイが広いものの、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多く、コントロール、正確性が重要です。
インコースにもドッグレッグがありますが、傾斜はあまり残っていないので、フェアウェイをキープしていれば二打目以降も安定して打てます。

ドッグレッグを採用しており距離の長い7番ロング、13番ロングホールは打数がかさむことも珍しくありません。
障害物の数は際立って多いわけではなく、バンカーはグリーン周りを中心として平均的な数が配置されています。

池は非常に少なく、プレーに影響を与える位置にあるのは8番ショート、17番ショートのティーグラウンド前の池だけです。

5番ミドル、15番ミドルホールではフェアウェイに立木があり、障害物の役割を果たしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ