北海道の南東部、太平洋近くにある鹿部カントリー倶楽部

鹿部カントリー倶楽部は北海道茅部郡鹿部町で1975年より営業を行っているゴルフ場です。
北海道の南西部、太平洋近くに位置しており、雄大な駒ケ岳、そして太平洋が景観面での名物となっています。
鹿部カントリー倶楽部の18ホールは小笹昭三氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6625ヤードと平均的な数字です。

丘陵地帯に展開されていますが、アウトコースは海に近く、風が強く吹くシーサイドコースの特徴を兼ね備えています。
その為、バックスピンをかけてボールを高く上げる方は風の影響を受けやすく、風の流れを読み切る力も必要です。

高低差は少ないものの、フェアウェイにはアンジュレーションと呼ばれている傾斜が残っているのでボールが曲がりやすくなっています。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多く、フェアウェイは広めに作られているもののボールをどこに落とすか、常に難しい選択を迫られるでしょう。

このコースを代表する障害物はバンカーであり、大きめのサイズでフェアウェイにも多数配置されているので、どれだけ砂に捕まらずに回れるかがスコアメイクの上で重要です。

6番ミドル、7番ミドル、8番ミドル、12番ミドルホールはフェアウェイに多数のバンカーがあり、砂に打ち込みやすいポイントとなっています。

インコースはアウトコースと比べるとバンカーの数は少なめですが、それでも平均以上の数が配置されており、アプローチショットの難度は全体的に高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ