鹿北ゴルフ倶楽部の18ホールはフラットに近く、フェアウェイも広い

熊本県山鹿市で1996年より営業を行っているゴルフ場が鹿北ゴルフ倶楽部です。
開場時の名前は鹿北ゴルフ倶楽部でしたが、2004年に経営会社が破産宣告を受け、同年にゴールドキャッスル株式会社に買収されました。
この時に鹿北ゴルフクラブ&スパリゾートと名称が変更されていますが、2005年には元の名前に戻しています。

鹿北ゴルフ倶楽部の18ホールは吉崎満雄氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6707ヤードとやや長めです。
丘陵地帯に展開されていますが高低差は少なく、フェアウェイが全体的に広く作られていることもあり、飛距離に自信がある方に向いています。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは少なく、大きく角度を変えることはありません。

しかしフェアウェイは曲がりくねっており、グリーンに近づくにつれ狭くなるので二打目以降のコントロールや方向、飛距離には注意を払う必要があります。

フェアウェイは広いものの角度が複数回変わる1番ミドル、木々のせいでグリーンの位置を確認することが難しい4番ミドルホールは難度が高めです。
障害物を多く配置して難易度を上げているコースではなく、バンカー、池共に数は少なめとなっています。

グリーン周りのガードバンカーもあまり多くはなく、グリーン自体が大きめなのでアプローチショットの難度は低めです。

池の数は非常に少なめですが、フェアウェイの左右に池が配置されている9番ミドル、フェアウェイの左手に大きな池がある12番ロングホールは共に注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ