洲本ゴルフ倶楽部の18ホールは上田治氏が設計しており難度が高い

兵庫県洲本市で1965年より営業を行っているゴルフ場が洲本ゴルフ倶楽部です。
淡路島にあるゴルフ場の一つであり、大阪湾に近く、関西国際空港から大阪南部の景色を望むことが出来ます。
提携ホテルがあり、泊まりがけでのプレーにも向いているリゾートコースとしての側面もありますが、易しくはありません。

洲本ゴルフ倶楽部の18ホールは上田治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7002ヤードと長く、コースレートも74.5と高めに設定されています。

丘陵地帯に展開されていますが、自然が多く残されており、木々により各ホールは仕切られているのでOBの心配はあまりありません。

フェアウェイの幅も十分ですが、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、飛距離に加えてボールをどこに落とせば有利になるかを計算する戦略性、その戦略を実現させる技術が必要です。

ドッグレッグを採用していないホールでもフェアウェイの角度が頻繁に変わるので、プレーヤーは常に緊張感との戦いを強いられます。
障害物の数も非常に多く、バンカーは大きめのものがフェアウェイから多数登場するので全てを避けるのは困難です。

10番ミドル、ドッグレッグの15番ロングホールは特にバンカーが多いので、砂に打ち込むことも珍しくありません。

池も非常に多く配置されており、グリーン手前に池がある6番ロング、17番ミドル、フェアウェイが池により分断されている8番ミドルホールは特に注意が必要となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ