大阪、和歌山方面からアクセスしやすい秋津原ゴルフクラブ

奈良県御所市で1995年より営業を行っているゴルフ場が秋津原ゴルフクラブです。
奈良県内はもちろんのこと、大阪、和歌山方面からもアクセスしやすく、交通の便が抜群に良いゴルフ場となっています。
イギリスのリンクスコースを意識して作られており、コース内にある池は障害物として立ちはだかりますが、芸術性も感じられる配置です。

秋津原ゴルフクラブの18ホールは古波蔵力氏、杉原輝雄氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7016ヤードと距離も十分にあります。

フェアウェイは距離の割にはやや狭い箇所があるので、好スコアを狙うなら飛距離に加えて高いコントロール技術も必要です。
ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは採用されていますが、大きく曲がっていくことはないので、どこに落とすか迷うことはあまりありません。

ほとんどは真っ直ぐレイアウトされており、オーソドックスな構成なので、プレーヤーの実力がスコアに反映されます。
バンカーはやや大きめではありますが、数はさほどでもなく、アプローチショット以外の場面で砂に捕まることは少なめです。

一方で池は面積が非常に大きく、池が絡んでいるホールは軒並み難度が高いので、このコースで最も注意する必要がある障害物となっています。

池のせいでフェアウェイが一部狭い6番ミドル、ドッグレッグであり、フェアウェイの左手一帯が水で覆われている17番ロング、グリーン手前に複雑な形状の池がある18番ミドルホールは特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ