十日町カントリークラブではプロトーナメントも開催された

十日町カントリークラブは新潟県十日町市で1972年より営業を行っているゴルフ場です。
新潟県内で9番目に作られている歴史と伝統を持つコースであり、過去にはプロトーナメントも開催されました。
十日町カントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、アンジュレーションと呼ばれている傾斜が残っています。

つつじコースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いものの、それでもバックティーからの距離は3145ヤードです。
真っ直ぐレイアウトされており、ティーグラウンドからゴール知展のグリーンを確認して打つことが出来ます。

フェアウェイはさほど広くはなく、ラフの割合も多いのでフェアウェイをキープ出来るかがスコアメイクの上で重要です。

最も距離が短い苗場コースと呼ばれている9ホールは、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグ、巨大な池がありテクニカルな構成です。

グリーンの近くに大きな池がある4番ミドル、5番ミドル、ドッグレッグを採用しており、曲がり方が急な8番ミドル、9番ロングホールは難所となっています。
信濃コースと呼ばれている9ホールは木々が多く植えられていることもあり、林間コースに近い趣きです。

全体的に真っ直ぐ作られていますが、ドッグレッグを採用しており角度が変わり始める地点から木々が多く登場する3番ロングホールでスコアを崩すことも珍しくありません。

他のコースと違い、池の数は少なめであり、障害物に悩まされることは少なめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ