全9ホール体制で営業を行っている出雲ゴルフ倶楽部

島根県出雲市で1965年より営業を行っているゴルフ場が、出雲ゴルフ倶楽部です。
斐伊川の河川敷に作られており、出雲市の市街地から非常に近いのでアクセスしやすく、会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しています。
全9ホール体制で営業を行っているので、二度回ることで18ホールのプレーに対応しており、利用料金が非常に安いのが特徴です。

島根県内で3番目に作られた出雲ゴルフ倶楽部の9ホールは土井正夫氏、佐藤武夫氏が設計を担当しており距離はあまりありません。

フェアウェイは十分に幅があるものの、隣り合っているホールに打ち込んだ場合はペナルティがあるので、コントロールを重視した方がスコアは安定します。

500ヤードを越えているのは2番ロングホールのみ、他は400ヤードに届いていないので遠くに飛ばすメリットはあまりありません。

大きく角度を変えるホールはなく、全体的に距離が短いので、コースに慣れていない方や初心者の方に向いています。
障害物はあまり配置されていませんが、バンカーはグリーン周りだけでなくフェアウェイにも登場するので注意が必要です。

バンカーは密集しているわけではありませんが、8番ミドルホールではフェアウェイに大きめのバンカーがあります。
池は一箇所にしかないものの、池越えスタートの形となっているので打ち込む可能性は低くはありません。

グリーンは大きく作られているので乗せるのは比較的簡単ですが、芝は高麗を採用しておりパッティングの難度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ