鹿児島県内で3番目に作られた出水ゴルフクラブ

出水ゴルフクラブは、鹿児島県出水市で1963年より営業を行っているゴルフ場です。
鹿児島県と熊本県の県境近くに位置しており、出水市の市街地に作られているのでアクセスし易いという特徴を持っています。
公式ホームページを持っておらず、値段や利用条件については不明な点が多めですが、ゴルフ場予約サイトを通すことで利用が可能です。

鹿児島県内で3番目に作られた出水ゴルフクラブの18ホールは上田治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6445ヤードと長くはありません。

出水基地飛行場があった土地に作られており、高低差はほとんどありませんが、フェアウェイはやや狭くなっています。

ホールの途中で大きく角度を変えるドッグレッグは5番ミドルホールだけであり、ティーグラウンドからグリーンの位置を見てから打ち出すことが可能です。

総距離がさほどでもないので、飛ばしていくよりもコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。
距離が長い2番ミドル、13番ミドルホールは真っ直ぐ作られていますが難易度は高く、スコアを崩しやすいポイントです。

バンカーの数は平均以上であり、グリーン周りだけでなくフェアウェイから多くのバンカーが登場するので、ティーショットから砂に捕まる可能性は十分にあります。

グリーンへのアプローチショットの難度が高いのは勿論のこと、グリーンには傾斜が大きく残っていることもありパッティングの難度も高く、打数がいたずらに増えることも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ