春日井カントリークラブは計36ホールを所有している

愛知県春日井市で1964年より営業を行っているゴルフ場が、春日井カントリークラブです。
広大な敷地内に2つの18ホールを所有していて、東海地方の中でも特にボリュームのあるゴルフ場の一つです。
春日井カントリークラブの計36ホールは井上誠一氏が設計を担当しており、西コースと呼ばれている18ホールはバックティーからの距離が6903ヤードと長めです。

丘陵地帯ならではの傾斜をそのまま残し、男性的なイメージで作られているのが特徴となっています。
フェアウェイの幅は十分に広く、途中で角度を変えるドッグレッグが少ない、オーソドックスな構成です。

5番ロングホールはドッグレッグを採用しておりグリーンを確認出来ないまま打つこととなりますが、他は真っ直ぐ作られており、戦略を組み立てて打ち出すことが出来ます。

バンカーはグリーン周りを中心に多く配置されており、池は個数こそ少ないものの面積は大きめです。
東コースと呼ばれている18ホールは、バックティーからの距離が6883ヤードとこちらも長距離コースとなっています。

丘陵地帯特有の高低差を少なく作っており、フェアウェイも広く作られていますが、傾斜は残っており注意が必要です。
極端なドッグレッグはありませんが、左に曲がっていく5番ミドル、11番ミドルホールでは打数が嵩むことも珍しくありません。

障害物は全体的に多く配置されており、特にバンカーはグリーン周りに多いのでアプローチショットの難度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ