クレンショー・ベントグラスをグリーンに取り入れている勝田ゴルフ倶楽部

茨城県ひたちなか市で1995年より営業を行っているゴルフ場が、勝田ゴルフ倶楽部です。
会員権の存在しないパブリック制を採用しており、太平洋近くに位置しているので交通の便も良好となっています。
勝田ゴルフ倶楽部の18ホールは大久保昌氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6870ヤードと距離も十分です。

シーサイドコース特有の強い風がプレーヤーの前に立ちはだかりますので、風を読み切る力も重要となっています。
牧場があった土地に作られているので、高低差は少なめですが、フェアウェイには傾斜が残っているので曲がりやすく、注意が必要です。

フェアウェイの幅は十分に広いものの、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、ティーショットの出来が重要となっています。

ドッグレッグであり右に曲がっていく2番ミドル、14番ミドル、左に曲がっていく16番ミドルホールは打数が嵩みやすいポイントです。
障害物は多く、バンカーは平均以上の数が配置されており、ティーショットからバンカーに打ち込む可能性があります。

池も半数近いホールで配置されており、池越えスタートの3番ショート、5番ミドル、13番ショートホール、グリーン近くに池がある9番ミドル、15番ショート、18番ロングホールは池に打ち込むことも珍しくありません。

勝田ゴルフ倶楽部は新しい洋芝、クレンショー・ベントグラスを日本で初めてグリーンに取り入れており、高速且つコンディションは良好となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ