キャスコ花葉CLUB 本コースとなった小御門カンツリークラブ

小御門カンツリークラブは、千葉県成田市で1966年より営業を行っているゴルフ場です。
ミツノ株式会社が経営を行っていましたが、2013年にマミヤ・オプティカル・セキュリティシステム株式会社により買収されました。
同年の7月よりゴルフ場の名前が「キャスコ花葉CLUB 本コース」と改められたこのゴルフ場は、9ホール構成の3コースを所有しています。

陳清水氏、富澤誠造氏が設計に携わっており、なだらかな丘陵地帯に展開されているので高低差はあまり感じられません。

自動車を利用してアクセスする場合、東関東自動車道の成田インターチェンジを下りるというルートが使われていましたが、2014年には圏央道の神崎インターチェンジが開通しており、利用者の選択肢が増えています。

自動車を利用した場合、電車を利用した場合の両方で都心から60分程度とアクセスしやすく、交通の便が良いのも利点です。

各コースには丘陵地帯ならではの傾斜が残っていますが、プレーに大きく影響を与える程ではありません。
全体的にフェアウェイが広く作られているものの、途中で角度を変えるドッグレッグも多いので、ティーショットでどこに落とすかが重要となっています。

バンカーの数は平均的ですが、フェアウェイにはバンカーがあまり配置されておらず、砂に捕まることはあまりありません。

一方で池は数こそ少ないもののティーグラウンドやグリーンの近くの要所に配置されており、プレーに絡んでくるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ