小山ゴルフクラブは企業の福利厚生施設として作られたゴルフ場

栃木県小山市で1960年より営業を行っているゴルフ場が小山ゴルフクラブです。
栃木県内で5番目に作られたゴルフ場であり、日立グループや日産グループの福利厚生施設として作られました。
名門ゴルフ場として運営されており、基本的には会員の同伴か紹介がないと利用することは出来ません。

小山ゴルフクラブの18ホールは間野貞吉氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6577ヤードと平均的な数字となっています。
林間地帯に展開されており、高低差はほとんどありませんが、フェアウェイには傾斜が残っているので注意が必要です。

フェアウェイの幅は広めなので、キープするのはさほど難しくありませんが、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグが多く、どこにボールを落とすかが重要となります。

距離が長くグリーン手前でフェアウェイが狭くなる7番ミドル、木々がせり出しておりフェアウェイが狭い箇所がある15番ロング、左に曲がっていきグリーンの位置が確認し辛い17番ミドルホールは躓きやすいポイントです。

障害物は多く、特にバンカーはグリーンを守るように多く配置されているので、アプローチショットの難度は高くなっています。

フェアウェイにはバンカーは殆ど配置されていないので、グリーン周り以外で砂に捕まることはあまりありません。

池は8番ショートと16番ショートに計2個あり、そしてクリークと呼ばれている川が最終18番ミドルホールのフェアウェイ手前に流れているので、打ち込む可能性は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ