計27ホールを所有しており都心から近い小川カントリークラブ

小川カントリークラブは、埼玉県比企郡小川町で1966年より営業を行っているゴルフ場です。
都心から近く、アクセスし易い位置にありますが、小川丘陵に展開されており自然も多く残っています。
小川カントリークラブは自社で設計を担当した9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りです。

西コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いものの、フェアウェイの幅は十分であり、全体的に真っ直ぐ作られています。
しかしフェアウェイは左右に曲がりくねっていることが多く、ティーショットでどこに落とすかが重要です。

バンカーはグリーン周りだけでなくフェアウェイにも多いので、捕まった場合はスコアを大きく崩すことも珍しくありません。
距離が長くグリーン手前でフェアウェイの角度が変わる1番ロング、ティーグラウンド右手に大きめの池がある8番ミドルホールは難所です。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いものの、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグが多く、高低差も残っています。
せり出している木々によりティーグラウンドからグリーンが見えないこともあり、ティーショットの打ち出しの方向が難しいのが特徴です。

障害物はあまり配置されておらず、特にバンカーはグリーン周りにも少なく、打ち込むことはあまりありません。

池越えスタートで始まり距離も長い2番ロング、ドッグレッグでありグリーン手前から左に曲がっていく5番ミドルホールは難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ