パブリック制ながらボリュームもある小田急藤沢ゴルフクラブ

小田急藤沢ゴルフクラブは、神奈川県綾瀬市で1960年より営業を行っているゴルフ場です。
小田急電鉄の子会社である小田急スポーツサービスが所有しており、会員権を持ったメンバーがいないパブリック制で運営されています。
パブリック制自体は珍しいものではありませんでしたが、全18ホール体制とボリュームのあるコースは、小田急藤沢ゴルフクラブが初でした。

小田急藤沢ゴルフクラブの18ホールは安田幸吉氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いP.Gから打った場合の距離は6178ヤードです。
林間地帯に展開されており、高低差はほとんどなく、各ホールは木々により仕切られているので気持ち良く飛ばしていくことが出来ます。

フェアウェイの幅も広めですが、左右に傾斜が残っていることが多く、ややボールが曲がりやすいのが特徴です。

概ね真っ直ぐレイアウトされていますが、一部にはホールの途中で角度が変わるドッグレッグが採用されており、全体を引き締めています。

ドッグレッグであり距離が長い1番ロング、9番ロング、17番ロングホールは打数が嵩みやすいポイントです。

バンカーの数は多め且つ面積も大きめなので打ち込む可能性は高く、グリーン周り以外にフェアウェイでも砂に捕まる可能性があります。

池の個数は少なく、さほど面積が大きいわけではありませんが、フェアウェイやグリーンに近いことが多く、フェアウェイの左側に池が配置されている11番ミドル、グリーン手前に池が配置されている12番ショートは注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ