小田原湯本カントリークラブの18ホールは富澤誠造氏が設計を担当

小田原湯本カントリークラブは、神奈川県足柄下郡箱根町で1961年より営業を行っているゴルフ場です。
箱根という日本でも屈指の観光地に位置しており、交通の便は抜群に良く、泊まりがけのプレーにも向いています。
小田原湯本カントリークラブの18ホールは富澤誠造氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6542ヤードとあまり長くはありません。

山岳地帯に展開されており、高低差と傾斜が色濃く残っているので、打ち下ろしと打ち上げが多めです。
アウトコースは距離が十分にあるものの、インコースではロングホールが一つだけと少なく、そのせいでパーは71に設定されています。

フェアウェイは広く作られていますが、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグが多いこともあり、簡単ではありません。

右に大きく曲がっていく2番ミドル、距離が長くフェアウェイが曲がりくねっている11番ロングホールは難度が高めとなっています。

二打目以降はフェアウェイをキープしていても傾斜のせいで曲がりやすいので、ティーショットでミスをしないことが重要です。
バンカーの数は多めですが、フェアウェイから登場することは少なく、グリーン周りに集中しています。

またグリーンがさほど大きくないこともあり、アプローチショットの難度は高く、パッティングでグリーンの傾斜を読み切るのは困難です。

池はアウトコースに2個だけと少なめですが、6番ミドルホールは池越えで始まりフェアウェイが狭くなっていくのでスコアを崩しやすいポイントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ