ホテルにゴルフ場が併設されている小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ

小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブは、福島県いわき市で1992年より営業を行っているホテルであり、ゴルフ場も併設されています。
元々は小名浜スプリングスホテル&ゴルフ倶楽部という名前でしたが、2003年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、ゴールドマン・サックスグループの傘下に入ることとなりました。

2004年に小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブと名前を変えたコースは、海沿いに位置しており太平洋の美しい景観が見所となっています。

18ホールは吉崎満雄氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6452ヤードとあまり長くはありません。
海の近くでプレーすることが可能ですが、一方で海からの風が強く吹くことで知られており、プレッシャーがかかりやすい構成となっています。

総距離がさほどでもないこともあり、飛距離よりもコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。

フェアウェイの幅は十分にありますが、途中で角度を変えるドッグレッグが多く採用されているので、ティーショットの出来がスコアに直結します。
ドッグレッグでありグリーン手前で急に曲がる2番ミドル、右に大きく曲がっていく4番ロングホールは難度が高めです。

海がコース内に含まれており、海越えや入り江越えがあるので、水に打ち込む可能性は高くなっています。

バンカーはグリーン周りを中心に配置されていますが、数はさほど多くはなく、バンカーに捕まってスコアを崩すことはあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ