昇仙峡カントリークラブは27ホール体制で営業を行っており、富士山が名物

山梨県甲斐市で1970年より営業を行っているゴルフ場が、昇仙峡カントリークラブです。
南アルプスの山々、そして世界遺産にも登録された富士山を望むことが可能であり、景観面で特に優れています。
山梨県内で4番目に作られており、歴史と伝統がありますが、利用料金はさほど高くはなく、訪れやすいゴルフ場です。

9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りです。
この昇仙峡カントリークラブの設計には発知朗氏が携わりました。

最も距離が長いのが富士山コースであり、コースの名称にもなっている富士山に向かってショットする形が多いという特徴を持っています。
角度が変わるレイアウトはあまり採用されていないので、初心者の方でも打ちやすく爽快感を味わえる構成です。

障害物もあまり配置されていませんが、ティーグラウンドの先で角度が変わる8番ミドルホールはやや難度が高めとなっています。

距離が最も短いのが八ヶ岳コースであり、概ね真っ直ぐ作られていますが先に進んでいくにつれ、高いコントロール技術を要するので簡単ではありません。

池は全く配置されておらず、バンカーもグリーン周りにしかないので、障害物に捕まることは少なめです。

距離の面で中間なのが南アルプスコースであり、終始フェアウェイが狭く、好位置をキープするのが困難となっています。

距離が長くグリーン間際で若干角度が変わる6番ロング、途中で角度が変わりフェアウェイが狭くなる箇所がある7番ミドルホールが難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ