島根県内初のゴルフ場である松江カントリークラブ

島根県松江市で1961年より営業を行っているゴルフ場が松江カントリークラブです。
島根県内で初めて作られたゴルフ場であり、県庁所在地の松江市内に位置しているのでアクセスも抜群となっています。
南には面積が広く島根県内でも屈指の知名度を誇る湖、宍道湖が広がっており、景観面での名物です。

松江カントリークラブの18ホールは奥秀次郎氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6142ヤードとかなり短めとなっています。
高低差の少ない丘陵地帯に展開されており、アップダウンはあまりありませんが傾斜は残っているので注意が必要です。

ホールの途中で角度が変わるドッグレッグが豊富にあり、フェアウェイの幅も一定していないのでコントロール技術が重要となります。

全体の距離があまりないこともあり、遠くに飛ばすよりコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。
自然の起伏を最大限に活かした谷越えもあり、8番ショートホールの谷越えスタートは距離が足りないと谷にボールが落ちてしまいます。

バンカーは終始あまり配置されていないので、グリーンへのアプローチショットはそれほど難しくはありません。

しかし池は非常に多く配置されており、特にアウトコースでは面積の大きな池が待ち構えているので、落とす可能性は高めです。

巨大な池を越えてスタートする4番ショート、ドッグレッグに加え巨大な池がある5番ミドル、池越えと谷越えが合わさった13番ショートホールは難所となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ