愛媛県内で最古のゴルフ場である松山ゴルフ倶楽部

松山ゴルフ倶楽部は愛媛県東温市で1958年より営業を行っているゴルフ場です。
愛媛県内で初めて作られたゴルフ場であり、「松山ゴルフ倶楽部 川内コース」と表記されることもあります。
開場時は9ホール体制でしたが、1964年には増築が完了し、以降は18ホール体制で営業を続けている名門コースです。

松山ゴルフ倶楽部の18ホールは上田治氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠い、フルバックティーからの距離は6666ヤードと平均的な数字となっています。

丘陵地帯に展開されていますが、10万本近くの松林が敷地内外に植えられているので、林間コースの趣きを持っているのが特徴です。
フェアウェイは広く、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは少なめですが、木々がせり出している箇所ではフェアウェイが狭くなっています。

2番ロングホールは真っ直ぐ作られているものの、グリーンに近づく程フェアウェイが狭くなるので、繊細なコントロール技術が必要です。

谷越えスタートの8番ショート、17番ショートホールは自然を最大限に活かした構成であり、打数が嵩むことも珍しくありません。

池はコース内に一個も配置されていないので、バンカーが最も警戒する必要がある障害物となっています。
バンカーは数こそ少なめですが、淵が突き出ており脱出が困難なアリソンバンカーを採用しているので、打ち込んだ場合のリスクは高めです。

その為、アプローチショットで失敗すると命取りとなりかねません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ