松山シーサイドカントリークラブは瀬戸内海の傍にある長距離コース

愛媛県今治市で1977年より営業を行っているゴルフ場が、松山シーサイドカントリークラブです。
シーサイドとゴルフ場の名前に入っている通り、瀬戸内海のすぐ近くの丘陵地帯に位置しています。
景観面での名物は一面に広がる瀬戸内海であり、北には広島県、そして西には山口県を望むことが可能です。

松山シーサイドカントリークラブの18ホールは、バックティーからの距離が7051ヤードと非常に長く、パワーは欠かせません。

フェアウェイは十分に広いものの、ラフの割合が多めであり、またフェアウェイが大きく角度を変えることもあるのでコントロール技術も求められます。
グリーン手前で右に曲がっていく2番ロング、ホールの途中から左に曲がっていく4番ミドルホールは自然を活かした難所です。

谷越えも多く配置されており、12番ミドルホールではグリーンの手前に谷があるのでアプローチショットの難度が高めとなっています。
木々は多く植えられており、各ホールは仕切られてはいますが、OBを記録することは多くあるので注意が必要です。

バンカーの数はさほどでもありませんが、8番ミドルホールを始めとしてフェアウェイから登場することがあります。
池は際立って多くはありませんが、要所に配置されており、特に池越えスタートの数は多めです。

谷越えと池越えが組み合わさった7番ショート、8番ミドル、13番ミドル、18番ミドルホールではプレッシャーがかかりやすくなっています。

池はティーグラウンド付近に配置されていることが多めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ