房総半島の中央に位置し、27ホールを持っている上総富士ゴルフクラブ

1972年、千葉県君津市に開場したゴルフ場が上総富士ゴルフクラブです。
房総半島の中央付近に位置しており、敷地の内外に自然が多く残るので、桜や紅葉の時期には鮮やかな景観を楽しむことが出来ます。
9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りの上総富士ゴルフクラブは赤星四郎氏、赤星弥次氏が設計を担当しました。

丘陵地帯に展開されており、高低差と傾斜を巧みに使っているので、打ち上げと打ち下ろしが豊富にあるのが特徴です。
南コースと呼ばれてる9ホールは最も距離が長く、途中で角度を変えるドッグレッグは採用されていません。

フェアウェイも広々としていますが、池が多く配置されており、更にクリークと呼ばれている小川もあるので水に打ち込むリスクは高めとなっています。

東コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短いものの、ドッグレッグが多く、変化に富んだ構成が特徴です。
池がグリーン手前に配置されている2番ロング、ドッグレッグを採用している8番ミドルホールは特に注意が必要となっています。

西コースと呼ばれている9ホールはドッグレッグが多く、フェアウェイが狭い箇所もあるのでティーショットでボールを落とす位置が重要です。

ドッグレッグであり曲がり方が急な4番ミドル、巨大な池がグリーンの手前に配置されている6番ショート、グリーン手前で左に曲がっていきフェアウェイが狭くなっていく9番ロングホールは難易度が高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ