上武カントリークラブは鬼石コースが閉鎖され、浄法寺コースのみに

上武カントリークラブは群馬県藤岡市で1976年より営業を行っているゴルフ場です。
「上武カントリークラブ 浄法寺コース」と表記されることもあり、元々は全27ホール体制でした。
浄法寺コースの18ホールと、独立した「上武カントリークラブ 鬼石コース」の9ホールを所有していましたが、鬼石コースの土地は太陽光発電に転用することが決定し2013年の8月で閉鎖されています。

残された浄法寺コースの18ホールは和泉一介氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は5890ヤードとあまり長くはありません。

丘陵地帯に展開されていますが、高低差は最大で50メートル程度とアップダウンが激しい作りではないので、距離感が狂うことは少なめです。
フェアウェイの幅はややばらつきがあり、狭くなっている箇所もあるので、飛距離よりもコントロール技術が重要となっています。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは多めですが、曲がり方は急ではないので、刻んでいく場合はさほど気になりません。

バンカーの数は非常に少なめであり、グリーン周りにもあまり配置されておらず、アイアンを使ったアプローチショットで躓くことは少なめでしょう。

池も数はさほど多くなく、面積も小さめですが、グリーン近くに配置されていることが多く、面積の割には打ち込む可能性が高めとなっています。

ティーグラウンドの先に池が配置されており、池越えスタートの17番ロングホールも注意したいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ