城山カントリー倶楽部の18ホールは短めだが、テクニックが重要なコース

1977年、栃木県足利市に開場したゴルフ場が城山カントリー倶楽部です。
丘陵地帯に展開されているコースは南向きに作られており、雄大な山々を背景としてプレーすることが可能となっています。
遠くに望むことが出来る山の稜線、そして高所から一望することが可能な市街地が景観面での名物です。

建設会社が設計を担当した城山カントリー倶楽部の18ホールは、バックティーからの距離は6312ヤードであり距離はあまりありません。
丘陵地帯に位置していますが、山岳コースの要素もあり、高低差と傾斜が色濃く残っているのが特徴となっています。

フェアウェイは広めですが、ややラフの割合が多く、途中で角度を変えるドッグレッグが多く採用されていることもあり打ちやすくはありません。

ドッグレッグであり距離が長めの7番ロング、グリーン手前で大きく左に曲がる4番ミドルホールは特に難度が高めとなっています。

全体の距離が短めなので、思い切ってスイングする意味はあまりなく、コントロールを重視した方が成績は安定するでしょう。

バンカーの数は平均的であり、飛び抜けて多いわけではありませんが、グリーン周りにはガードバンカーが的確に配置されており、アプローチショットの難度は高めです。

池はインコースには全くなく、アウトコースに幾つか配置されていますが、どれも面積は小さめとなっています。

しかし、6番ミドルホールでは二つのグリーンの手前にそれぞれ池があり、面積の割に打ち込みやすい作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ