新潟県内で最初に作られた新潟ゴルフ倶楽部

1958年、新潟県新潟市に開場したゴルフ場が新潟ゴルフ倶楽部です。
新潟県内で初めて作られたゴルフ場であり、開場当初は6ホール体制でしたが、1960年には18ホールが完成しています。
長い歴史を持つ名門ゴルフ場ではありますが、ビジターの方でも予約、利用を行うことは可能です。

新潟ゴルフ倶楽部の18ホールは丸毛信勝氏が担当しており、バックティーからの距離は6530ヤードとあまり長いコースではありません。

丘陵地帯に展開されていますが、アウトコースは比較的平坦であり、高低差で苦しむことは少なめとなっています。
一方でインコースは自然を活かしており、高低差と傾斜が色濃く残っているので、距離感と方向に注意が必要です。

フェアウェイは一部を除き広々としており、真っ直ぐ作られているホールが多いものの、8番ホールは大きく右に曲がっていくドッグレッグであり、特に難度が高めとなっています。

距離がさほど長くはないので、コントロールを重視した方がスコアは安定しますが、思い切って打つなら一打目が良いでしょう。

また、バンカーは多めに配置されており、グリーン周りのガードバンカーだけでなく、フェアウェイに配置されているサイドバンカーが多いのも特徴です。

インコースの5番ミドル、9番ミドルホールは特にバンカーが多く、砂に捕まりやすいポイントとなっています。

池は少なめですが、ショートホールのうち二つが池越えスタートなので、プレッシャーに打ち勝つ精神力も必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ