新潟サンライズゴルフコースは、パブリック制を採用しているシーサイドコース

新潟サンライズゴルフコースは、1986年より新潟県北蒲原郡聖籠町で営業を行っているゴルフ場です。
日本海の近くに位置しているシーサイドコースであり、会員権のないパブリック制を採用しているゴルフ場となっています。
その為、利用料金も安めに設定されており、セルフプレーで回る場合は更にお得に利用することが可能です。

9ホール構成の3コースを所有しており、複数の建設会社が設計を担当した新潟サンライズゴルフコースは、砂丘があった土地に作られています。
高低差は少ないものの、全体的にアンジュレーションと呼ばれる傾斜があるので、フェアウェイをキープしていても油断は出来ません。

東コースと呼ばれている9ホールは真っ直ぐ作られており、途中で角度が変わることのないオーソドックスな構成です。
ここではフェアウェイから大きめのバンカーが登場するので、障害物をどれだけ避けられるかが重要となっています。

中コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いものの、大きく角度を変えるドッグレッグが採用されており、テクニックが求められる構成です。

西コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、真っ直ぐ作られていますがフェアウェイが狭い箇所が多く、フェアウェイをキープすることが難しくなっています。

また、ショートホール以外ではフェアウェイから大きめのバンカーが登場し、4番ミドル、9番ミドルホールでは大きな池も配置されているので、障害物に打ち込んでスコアを崩しやすい構成です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ