愛媛県内で3番目に作られた新居浜カントリー倶楽部

愛媛県新居浜市で1964年より営業を行っているゴルフ場が、新居浜カントリー倶楽部です。
愛媛県内では3番目に作られている由緒正しきゴルフ場であり、周囲を囲んでいる雄大な石鎚山系が景観面での見所となっています。
また、高速道路のインターチェンジから近く、愛媛県内は勿論、他府県からもアクセスしやすいのも大きな利点です。

新居浜カントリー倶楽部の18ホールは上田治氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブラックティーからの距離は6760ヤードと、平均以上となっています。

松林の多い丘陵地帯に展開されており、多少の高低差はありますが、距離感が狂うようなことはあまりありません。
各ホールは豊富な木々により仕切られているので、OBを記録することは少なく、思い切って攻めていける構成です。

一方フェアウェイはやや狭く、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多いので高いコントロール技術が必要となっています。
特にドッグレッグであり曲がり方が急な2番ミドル、11番ミドルホールは共に躓きやすいポイントです。

さらにバンカーは多めに配置されており、グリーン周りに加えフェアウェイからも登場するので、ティーショットでも油断は出来ません。

池はインコースで3個配置されており、17番ショートホールと18番ロングホールではグリーン手前にあるので、距離が足りないと打ち込んでしまうこともあります。

池越えスタートは一箇所だけですが、丘陵コースならではの谷越えが複数あり、ティーショットで思い切って打つことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ