新庄アーデンゴルフ倶楽部は距離が長く、見通しが良い

山形県新庄市で1995年より営業を行っているゴルフ場が、新庄アーデンゴルフ倶楽部です。
鳥海山や月山が景観面での名物であり、特に月山は全てのホールから望むことが可能となっています。
新庄大地に位置しており、開けた作りである新庄アーデンゴルフ倶楽部の18ホールは、大久保昌氏が設計を担当しました。

バックティーからの距離は7015ヤードと長距離コースですが、丘陵地帯に展開されているものの高低差は少なく、初心者の方でも打ちやすい構成となっています。

フェアウェイはあまり広く作られておらず、ラフの割合が多いので、フェアウェイをキープすることが特に重要です。
また、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは少なく、ほぼ全てのホールで、ティーグラウンドから旗の位置を確認することが出来ます。

打ち出しの方向をプレーヤー自身が見て判断することが出来るので、どこに落とせば次のショットの際に有利になるか、考えてプレーすることが好スコアに繋がるでしょう。

バンカーの数は平均的ですが、グリーン周りと同程度のバンカーがフェアウェイに配置されているので、ティーショットでいきなり打ち込むことも珍しくありません。

池は7番ショート、9番ロング、17番ショート、18番ミドルホールのグリーン周りに配置されています。

このゴルフ場ではグリーンの周囲にグラスバンカーと呼ばれている窪みを配置しているのが特徴であり、バンカー、池と並びアプローチショットの難度を上げている障害物です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ