標高450メートル付近に27ホールを持つ真庭カンツリークラブ

1973年、岡山県真庭市に開場したゴルフ場が真庭カンツリークラブです。
標高450メートル付近に位置しており、高原コースとしての特徴を持っていますが、高低差は殆ど無いので、フラットのような感覚で打つことが可能となっています。
真庭カンツリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、檜、梅コースはJ E クレイン氏が設計を担当しました。

桧コースと呼ばれている9ホールは、距離が長めでフェアウェイも広めですが、フェアウェイに木々が多くあるので、見た目ほど広くは感じられません。

また、木以外にも谷越え、途中で角度が変わるドッグレッグといった自然を活かした障害が多く、逆に池やバンカーといった障害物はあまり配置されていません。

梅コースと呼ばれている9ホールは距離が最も長く、全体的に真っ直ぐ作られているのでティーショットから思い切ってスイングしても問題ない作りです。

6番ショートと7番ミドルホールで谷越えがありますが、バンカーや池は少ないので、障害物でスコアを大きく崩すことは少なくなっています。
そして欅コースと呼ばれている9ホールは最も短いものの、バンカーや池といった障害物を巧みに配置しているのが特徴です。

フェアウェイの幅は十分にありますが、ドッグレッグが多く変化に富んでいるので、飛距離よりもコントロールが求められます。

特に、ドッグレッグ気味でフェアウェイが狭い4番ミドル、グリーンの左側に池が配置されている8番ショート、バンカーの多い9番ミドルホールが難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ