アーノルド パーマーが日本で初めて設計した真名子カントリー倶楽部

真名子カントリー倶楽部は、1973年より栃木県上都賀郡西方町で営業を行っているゴルフ場です。
アメリカ出身のプロゴルファーであり、世界的に有名なアーノルド パーマー氏が日本で初めて設計したのが、真名子カントリー倶楽部の27ホールとなっています。
9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通り、セルフプレーのみで営業されているゴルフ場です。

丘陵地帯に展開されており、傾斜は残っていますがボールの方向に大きく影響するほどではありません。
サザンカコースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いものの、フェアウェイは広めであり、思い切って打ち出すことが可能です。

途中で角度を変えるドッグレッグがやや多く、面積こそ小さめですが複数配置されている池が難易度を高めています。

また、サツキコースと呼ばれている9ホールは、最も距離が長いもののドッグレッグが多く、フェアウェイに木が多く立っているという特徴を持ち、ボールをどの方向に飛ばすかの判断が難しい作りです。

2番ショートは、グリーンが池で囲まれている名物ホールとなっています。
サクラコースと呼ばれている9ホールはドッグレッグが少なく、全体的に真っ直ぐ作られているのが特徴です。

フェアウェイも広めなので、プレーヤーが思い浮かべる戦略によりスコアが大きく変わってきます。

バンカーはグリーン周りを中心に多く配置されており、1番ホールはティーグラウンド近くにバンカーと池があるので難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ