東コース、西コース、サザンコースがある瑞浪高原ゴルフ倶楽部

岐阜県瑞浪市で1962年より営業を行っているゴルフ場が、瑞浪高原ゴルフ倶楽部です。
岐阜県内で2番目に作られており、中央アルプスの雄大な山々の稜線が景観面での見所となっています。
長い歴史を持つ名門ゴルフ場ですが、メンバーでないと予約が取れないということはありません。

計27ホールを所有していますが、東コースと西コースはセットであり、サザンコースは独立しているので二度回ることとなります。
高原に展開されており、アンジュレーションと呼ばれている傾斜がある瑞浪高原ゴルフ倶楽部の全コースは、南郷茂治氏が設計を担当しました。

東コースと呼ばれている9ホールはフェアウェイはやや曲がりくねっていますが、全体的に真っ直ぐ作られているので、思い切って攻めていくことが可能となっています。

池越えスタートの4番ショート、9番ロング、谷越えスタートの7番ホールは躓きやすいポイントです。

西コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短いものの、フェアウェイは広めであり、ティーショットで大きくミスをしない限り、フェアウェイのキープは容易となっています。

池越えスタートの2番ショート、4番ショートは難所です。
サザンコースと呼ばれている9ホールは最も距離が長くフェアウェイは広め、且つ障害物はあまり配置されていませんが、難易度は低くはありません。

谷越えや途中で角度が大きく変わるドッグレッグが採用されており、自然を活かした障害物がプレーヤーの前に立ちはだかります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ